点線

トップ

西日・強い日差しをカット

省エネ効果のあるカーテン・ブラインド選ぶ

窓まわり製品の選び方や使い方によって、夏の暑さ対策と、冬の寒さ対策で省エネ・節電。夏は日射熱を遮りつつ、冷房によって冷えた空気を逃がしにくくする。冬は冷たい外気をカットしつつ、暖房で温まった空気を逃がしにくくしたいですね。遮熱効果と断熱効果の高い窓周りも見逃せません。
お住まいによって遮熱を重視したいか断熱を重視したいか、またお部屋の雰囲気やイメージによって選ぶものが違ってきます。

ブラインド 縦型ブラインド 木製ブラインド プリーツスクリーン
レースカーテン ロールスクリーン ハニカムシェード
軒スダレ

お部屋の省エネと言えば、窓まわりだけではないですね。リビング階段のようなお住まい。冬は階段から冷気が入って来て寒い、夏は階段から逃げていくので冷房の効きが悪い。
そう、このような場合にオススメなのが簡易型の間仕切り。特に冬場は効果あり。「引戸仕様」や「折戸仕様」の仕切りで対応できます。

間仕切

節電の夏と言われる最近の夏。暑い、熱い夏を快適に過ごすには窓まわりの遮熱・断熱が重要でしょうか。窓から入る日射熱を遮熱と同時に、冷房による快適な空気を逃がさないように断熱することも大切。7割もの熱エネルギーの出入りがある開口部

夏 冬
夏の日射熱は73%も窓から入ります。 冬の暖かさは58%も窓から逃げます。

節電・省エネ効果を高めるには

節電・省エネの効果を高めるにはブラインドやカーテンの選び方や使い方の工夫がいります。

  • 色の選び方:ホワイト系のカラー(熱を吸収しにくい)が効果あり。
  • 取り付け方:窓を覆うように取り付ける「正面付け」。
  • 遮熱カーテン・遮熱ブラインド・遮熱ロールスクリーンのような機能付の製品。
  • カーテンやブラインド単体より、カーテン+ブラインド、カーテン+ロールス遮光・ロールスクリーンの画像クリーンというふうに組み合わせがより効果的
  • 裏地付きのカーテンやシェードがオススメ。
  • 複層ガラスや内窓の設置
  • 外部にひさしやオーニングの設置で遮熱。
  • 外部用ロールスクリーン設置

また、紫外線を遮るタイプ、UVカット機能の付いたロールスクリーンやレースも注目を浴びていますね。意外と知られていない紫外線のこと、気象庁のHPですが興味ある方、「紫外線保険指導マニュアル」必見ですね。

ハニカムシェード

ハニカムサーモスクリーン

ハニカム構造のハニカムシェード。ハチの巣構造の空気層を作り断熱・遮熱に効果あり。
ニチベイのハニカムスクリーン、ルーセントホームのシェルシェード、セイキのハニカムサーモスクリーンにも遮熱効果の高いものがありオススメ。

暑い夏や寒い冬の外気をカットしつつ、室内の快適な室温が逃げにくくなるような断熱効果も期待できます。


断熱・遮熱のカーテン

夏の省エネ対策には遮熱効果が高いものをオススメしたいですね。

リリカラの遮熱カーテンFD50503
  • ドレープカーテンの遮熱カーテン
  • レースカーテンの遮熱レースカーテン
  • ドレープカーテンに遮光裏地付

まず、ドレープカーテンの遮熱カーテン。遮熱カーテンは裏にアクリル樹脂コーティング、あるいはアルミ樹脂コーティングが施され、熱を反射させて遮ります。お部屋は暗くなりますので、遮光も遮熱もというあなたにオススメ。
また、カーテンに裏地を付けるとかなりの効果があります。 特に1級の遮光生地の裏地は、遮光と同時に断熱もできます。 裏地を付けると空気の層ができ、夏場の冷房の効き、冬場の暖房の効きも良くなりますね。というわけで、遮光の裏地を付けたカーテンは、遮熱効果にも断熱効果にもいいのです。

また、お気に入りのドレープカーテン+遮光裏地付ですとカーテンの選択肢がぐっと広くなり、裏地付きはカーテンが傷みにくく高級感がでて、いいことずくめですね。暑い夏場は、ドレープも閉めてお出かけすると、夜に帰った時の室温が違ってくるでしょうね。

レースでは、遮熱レースカーテンがオススメ。日中はレースカーテンは閉めた状態、明るさを取り入れつつ遮熱効果もアップしたいですね。特に糸の段階で遮熱効果が出るものや、特殊な金属酸化物を封入したポリエステル繊維を使用して遮熱効果をアップします。遮光・横型ブラインドの画像

遮熱レースカーテン+ドレープカーテン(遮光裏地付)ですと、バッチリ!
ただ、裏地付きになると高額になるのが難です。光を遮る遮光タイプのカーテンは、お部屋は暗くなり寝室にオススメです。

遮熱カーテン、遮光カーテンは各メーカーで出ています。
あなたのお住まい、お部屋に欲しいのはどのタイプのカーテンでしょう・・・いつでもご相談くださいね。

断熱・遮熱のブラインド

遮熱コートブラインド、T−2527

さてさて、ブラインドではどうでしょうか。

  • 木製ブラインド(横型・縦型)
  • 遮熱コートスラットのブラインド(横型・縦型)
  •  
  • 遮熱生地のブラインド(縦型)

採光をコントロールしながら遮熱できるのが、ブラインドのいいところ。スラットに特殊コーティングされている遮熱タイプのアルミブラインドが効果があります。ブラインドは、夏場の強〜い日差しにはとても効果がありますが、冬場の断熱はチト弱いでしょうか。

他には、自然光を効率よく取り入れ、照明電力を削減して省エネアップというグラデーションブラインドのはいかがでしょうか。これは、スラットの角度がポイント、詳しくはグラデーションブラインドをご覧ください。

縦型の場合は遮熱タイプの生地のブラインドがオススメ。

遮熱のロールスクリーン

ロールスクリーンではどうでしょう。ニチベイの省エネタイプのロールスクリーンN5409

  • 遮熱のロールスクリーン
  • 遮光もでき遮熱もできるロールスクリーン

暗くなるのはいやだけど日射熱は遮りたいと言うあなた、光を取り入れつつ遮熱できるタイプがオススメ。

このタイプは熱い日射熱を遮断しても、お部屋はある程度の明るさは保てます。 また、遮光と遮熱ができるロールスクリーンもあり、このタイプは光を遮断するのでお部屋が暗くなります。遮光も遮熱もしたい、って言うあなたにもオススメですね。

最近の製品ですが、外付けロールスクリーンに注目。室内へ入る前にまず窓の外で遮熱。とても効果があります。

すだれ

すだれ(簾・スダレ)はもともと、日よけ。竹や木質の天然素材ですので、まぶしくなく強い日差しを遮る効果もあります。ロールスクリーンタイプのすだれ、シェードタイプのすだれなどありますので、お好きなタイプをゲットしてくださいね。

詳しくは取付・施工についてをご覧ください。

お問い合わせ

何しろ夫婦2人だけの内装工事店、お電話をいただいても留守の場合が多いのです。お急ぎの方にはご迷惑をおかけしており申し訳なく思っていますが、お気軽にご相談くださいね。

アップ

ご相談

お悩みのあなたに・・・

強い日差しをカット

吹き抜け・高窓の高所取り付け

階下からの苦情

ペットに優しい床材・壁紙・窓周り

窓辺のおはなし

種類から選ぶ

イメージで選ぶ

ショールームへ行って選ぶ

窓周り

木製ブラインド

縦型ブラインド

横型ブラインド

カーテン

ロールスクリーン

調光スクリーン

ハニカム・シェード

プリーツスクリーン

シェード

すだれ(簾)

カーテンレール

いろいろな仕切り

間仕切り

足元の床材

カーペット

コルク

クッションフロア

住宅用タイルカーペット

オフィス・店舗向き

壁紙のいろいろ

クロス

介護保険による住宅改修

Webサイト

岡田のインテリア工房

岡田の間仕切り.com

運営会社

岡田節子 岡田知行
級ェ田室内装飾
・・・・・・・・・・・
223-0064
横浜市港北区下田町
3−14−33
TEL 045-562-4420
FAX 045-562-5444

ブログ

ハマの内装業せつこマ〜マの奮闘記

出張エリア

東京23区(板橋区・大田区・品川区・渋谷区・杉並区・世田谷区・豊島区・中野区・港区・目黒区・・・)、 都下(稲城市・国分寺市・調布市・府中市・町田市・・・)、横浜市(青葉区・泉区・磯子区・神奈川区・港南区・港北区・都筑区・鶴見区・・・) 川崎市(麻生区・川崎区・幸区・高津区・宮前区・・・)厚木市・葉山町・逗子市・・・近隣地域