ワイドスラット モアラップ

チベイの縦型アルペジオ ブレト モアラップスタイル

ワイドスラット仕様・モアラップスタイルの縦型ブラインド

縦型ブラインドは、全閉にすると羽根と羽根が重なって視線を遮ります。が、外からの視線が気になるあなた、このようなスタイルはどうでしょうか?
そう、羽根の重なりを多くしたスタイル

外からの光漏れと、視線をより遮るプライバシー保護。さらに夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冬は室内の暖かい空気を逃がしにくくする省エネタイプのスタイル。寝室や日差しの強い窓にもオススメです。

ニチベイでは「モアラップスタイル」、タチカワブラインドでは「ワイドスラット仕様」、トーソーでは「デュアルオーバーラップ」と、それぞれのメーカーで名称が違いますが。

1部になりますが、ここではニチベイのモアラップスタイルと、タチカワブラインドのワイドスラット仕様を載せていますので、ご覧ください。

モアラップスタイル

ニチベイ アルペジオ ブレト モアラップスタイル

ニチベイの縦型ブラインドのアルペジオ、プレト。右の写真はA7853(パールグリーン)

通常はシングルスタイルですが、このモアラップスタイルは、ルーバー(羽根)の重なりを大きくして,あるので、スッキリとしたミニマル仕様(コードなし)が標準、下記はスラットの重なり寸法。。

  • シングルスタイルの場合:8.5mm
  • モアラップスタイルの場合:33.5mm

生地によって不可もありまが、お値段はシングルスタイル(100mm)の25%アップになります。

メーカー:ニチベイ
製品名:アルペジオ プレト 100mm幅
スタイル:モアラップスタイル 
サイズ:W180×180cm
スラット素材:ポリエステル100%
カラー:15色
機能:防炎・ウォッシャブル・遮光1級・遮光2強
価格:¥52,200×1.25+消費税

※表示価格はメーカー希望小売価格です。当店の販売価格はお問い合わせください。

機能について

シングルスタイルとモアラップスタイルの比較です。ルーバー(羽根)の重なりが大きくなりますので、省エネ効果があります。スペーサーコードのない分、羽根が乱れるのが気になるあなたにはコード付きも用意しています。

ニチベイの縦型ブラインド アルペジオの標準スタイル

ニチベイの縦型ブラインド アルペジオのモアラップスタイル

ワイドスラット仕様

タチカワブラインドの縦型、ラインドレープ エブリ遮光

タチカワブラインドの縦型、ラインドレープのワイドスラット仕様。スラットの重なりも多く、外からの視線も防ぎ寝室にオススメですね。下記はスラットの重なり寸法。

  • 通常の場合:10mm
  • ワイドスラットの場合:30mm

右の写真はザックリとした織りの遮光タイプのエブリ遮光、LD4401(ビアンコ)。
生地の特性上遮光生地には暗い色が多いのですが、このような明るい色もよろしいかと。

メーカー:タチカワブラインド
製品名:ラインドレープ エブリ遮光 
スタイル:標準タイプ モアラップスタイル 100mm幅
サイズ:W180×180cm
スラット素材:ポリエステル100%
カラー:40色
機能:防炎・ウォッシャブル・遮光1級・2級
価格:¥52,400×1.1+消費税

※表示価格はメーカー希望小売価格です。当店の販売価格はお問い合わせください。

機能について

こちらも、ニチベイのモアラップスタイルと同じように重なりが大きくなり遮蔽性が高く省エネ対策によろしいかと。ワイドスラット仕様は、コード付が標準。コードなしでも製作OK!

タチカワブラインドのラインドレープ ワイドラップ仕様



ニチベイ
デジタルカタログ

     動画案内 動画案内
タチカワブラインド
デジタルカタログ

動画案内 動画案内
TOSO
デジタルカタログ

動画案内 動画案内
東京ブラインド
Webカタログ
サンゲツ
デジタルブック
お問い合わせ

アップ